将来性を考慮した幼児教育用品のご紹介

お子様が将来、「想像力豊かで、感受性の強い子」「自然を愛する子に育ってほしい。」と誰もがお考えだと思います。単純にそう考えたとしてもどうやってお子様の「学力・知力・創造性」を培うのかはなかなか結論は出ずむしろ永遠の親の課題ともいえるでしょう。しかし、そんな悩みに時間はかけてはいられません。そう、幼い子供はすぐに成長してしまうからです。では、どうすればよいのかを考える際に身近なものからヒントを得るのは簡単で有益なことです、たとえば幼児教育に欠かせない身近なもの、「子供のおもちゃ」です。それから、保育所や幼稚園(子供園など)で必ず主役となる身近な教養ツール。「絵本」それから極めつけは子供は誰かに認められ、見守られたいと考えるものです。カメラ等の記録媒体と言った「大人の為のツール」が必要となります。今回はこれらのツール(視点)からお子様の成長について考えてみたいと思います。

子供が大好きな「おもちゃ」はその子を創る。

保育所や幼稚園と言った幼児教育現場だけでなく、ご家庭でも共通する事はおもちゃで子供は何処でも遊びたがるものです。遊び方もその子の性格や、年齢、発達に応じて実に様々です。たとえば乳幼児だと口に入れたりつかんだりして感覚を感じる動作をします。これは遊んでいるというよりはむしろ握力や、五感を培っていると言えます。こういう事からも幼児教育に視点を当てる上でおもちゃ選びがいかに早い段階から大切かお分かりになると思います。良い香りのする木のおもちゃは乳児期から幼児期に至るまでの幅広い年齢で使用されています。口に入れてもつかんでも、仮に振り回して遊んでも安全性と効果が期待できるからです。日本の皇室や、世界の王室でもこのような木のおもちゃは代々親しまれてきました。さらに冒頭で述べた絵本に関しても同じく、幼児期であれば語彙数の多い物、乳児期だと音や視覚的効果を用いて言語の発達を促すことが出来ます。

大人の目線からお子さんを観察し、記録する。

おもちゃや絵本と言った将来性を考慮した幼児教育用品について考えてきましたが、もう一つ大切なことは「子供は誰かに見守られ、その成果を認められたい。」と考えるという事です。テストで100点をとったことや、運動会で1等賞をとったことを認めて褒められればその子のやる気は倍増し、さらなる成長を自身が望むことでしょう。幼児期においては、そのチャンスがたくさんあります。そう「シャッターチャンス」です。初めて立って歩いたその日は勿論、曲を本人は弾いているつもりでピアノの鍵盤をたたいているシーンを写真に撮って「上手だね」「その調子」と声をかけて、そのかっこよいシーンを写真等の記録媒体を通じて見せてあげることでやる気倍増の効果は容易に期待できると考えられます。こういった「大人のツール」もお子様の成長に欠かせない幼児教育用品だと言えるでしょう。この様な様々なツールを用いてお子様の成長を見守ってみて下さい。