お安く手に入れる幼児教育用品のおすすめ部屋

幼児教育とは、1~6歳までの幼児期の子供を対象に行う教育のことです。幼児教育には、通信教育、教室、習い事などがあります。その中でも通信教育は費用も安く、家の中というリラックスした環境で学べるという利点があります。幼児教育の通信講座は知育系と英語系に大別されます。英語系もディズニーやアルク、こどもちゃれんじなどの人気講座以外にも、数多くの会社が参入しています。知育系で人気が高いものに、「Z会 幼児コース」、「ドラゼミ 幼児コース」、「こどもチャレンジ」があります。これらの講座は、すべて大手通信教育会社が運営しています。料金もどの講座も月額2千円程度と教室に通うことを考えればそれほど高くありません。今回は、安くておすすめのこの3つの知育系幼児教育講座の特徴をご紹介します。

人気の知育幼児教育講座、Z会の幼児コースの特徴

1つ目の人気講座はZ会の幼児コースです。Z会と言えば、難関大学向けの通信教育で有名な会社です。Z会の基本方針は「自ら調べ、自ら考え、自ら表現する力を養う」ことです。幼児教育から大学入試までこのコンセプトは一貫しています。「言葉」「数・形・論理」「自然」「生活・健康」「表現・遊び」の5領域で構成されています。1人で取り組む課題と親子で取り組む課題の2つがあります。ことば体験を豊かにする読み聞かせ、表現意欲をひきだす教材などがあり、親子で楽しめる内容となっています。毎月教材は届きます。一気に届くと量に子供が圧倒されるというデメリットがあります。毎月少しずつ届くことで、子どもが負担を感じない、いつでも止められるというメリットがあります。この講座は5歳~6歳を対象としています。

ドラゼミとこどもちゃれんじの特徴

ドラゼミは小学館の通信教育講座です、ドラゼミの幼児教育講座は読み、書き、計算の基礎学力の強化に重点を置いています。この講座も毎月教材が届きます。添削テストを提出するとドラえもんからお手紙が届きます。ドラえもんという子供に大人気のキャラクターが子供のやる気を引き出します。4歳~6歳が対象です。こどもちゃれんじはベネッセの通信教育講座です。こどもちゃれんじは0~6歳までの5人に1人が入会する大人気幼児教育講座です。「絵本」「映像」「おもちゃ」を使い子供の年齢に合わせた体験ができます。「感じる力」「考える力」「伝える力」「自立する力」の自分力という基礎力を養うがコンセプトになっています。こどもちゃれんじも毎月教材が届きます。対象は6か月~6歳です。

伸芽会で行っている小学校受験の公開模試には、毎年2万人が参加しています。 最近の公教育への不満から、小学校受験への関心が非常に高まっています。 希望の幼稚園、小学校の受験対策に特化したクラスでは合格まできめ細かく指導します。 「いつもは出来るのに、本番では出来なかった」なんてことのないように独自の工夫をしています。 多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 幼児教育は実績のある伸芽会。